• Posted by admin

新しい広告の配信サービスが発表されたようです。トランスコスモスが提供するもので、シナジーマーケティングのアドレサブル広告連携ツール「(アドツー)」を活用したアドレサブル広告と言うものだそうです。

アドレサブル広告とは、CRMを利用したもので、CRMにある顧客情報を使って顧客のことをよし明確にして広告を送るというもの。しかも、顧客となる企業の情報に触れずにCRMのデータを生かせるとか。情報の流出が毎日のように言われているなか、画期的な広告サービスとなっているようです。

シナジーマーケティングのAD2は、日本で最初にこのアドレサブル広告に特化したものだとか。このサービスが提供できれば、「新規顧客獲得や既存顧客のLTV(顧客生涯価値)向上につなげられる。」とも言われています。

CRMに関連する事業、ツール、サービスもまた、日に日に深く、そして確度高く顧客を得られる、継続してもらえるものが増えていますよね。また、今回のように他社との連携もさらに進んでいるようです。

  •  
  • Posted by admin

これらのタイトルを目にすると、企業の幹部の方たちはあまり気分は良くないかもしれませんね^^すべてが売り上げの減少につながるものばかりですから。

でも、この人口減少、新興国の台頭、そして消費者のニーズの多様化というものが実際に起きています。ということは、モノを作っても簡単には売れないということなんですね。簡単に売れなければ工夫をするしかない。しかし日本では今働き方改革と言って残業時間を減らせ、もっと余裕のある仕事の現場づくりが求められています。まるっきり正反対のことをやらなければいけない幹部の方たちは、本当に苦労されていることでしょう。

そこで、CRMという営業を支援してくれるツールなどを導入し、社員が業務を効率化し、働く時間を減らそうとしているんですね。CRMの導入にはコストもかかり、社員が使い慣れるまでに多くの時間も必要とします。ただ、しっかりと運用することで、顧客のニーズにマッチしたモノをタイミング良く提供でき、売り上げのアップ、顧客満足度の向上にも役立つため、導入する企業は増加中なんです。

  •  
  • Posted by admin

名刺の管理ツールが当たり前のようになってきていますが、御社でも使っていますか?

世間の流れに乗ることに抵抗がある方たちでも、名刺の仕方には悩んでいるとのこと。でしたら、パソコンに入っているExcelを使って、やれるところまでやってみるのも良いかもしれませんよ^^

会社名、氏名、部署名など、名刺に書かれた事柄すべてが入力できるよう、項目を設定します。そして最後に備考欄を用意し、名刺交換した際の話した内容、相手が興味を持っていることや相手の特徴なども載せておくと、結構便利ですよ。

そして、関数が必要になりますが、フリガナの自動入力、検索機能を付け、ファイルが共有できるようにし、使う時にはパスワードをかならず入力する。こういったことを徹底することで、ある程度まではExcelでも可能です!

顧客管理システム

  •  
  • Posted by admin

名刺の管理ツールに使い慣れると、その便利さにみなさん驚かれるようですね。また、自分が手に入れられなかった名刺の情報も閲覧が可能になったり、名刺情報がベンダーによって更新されていくため、面談した時にも相手の担当者に嫌な思いをさせることも無くなります。これだけ名刺が便利なツールになる、なんて誰が思ったでしょうね^^

ただ、名刺っていわゆる会社情報、個人情報が詰まったアイテムとも言えます。手に入れていない人もいつでも確認できる、といのってちょっと怖いですよね。

ある名刺の管理ツールをサービスしている会社では、閲覧に制限を掛けることができるそうです。役職などによって権限が与えられ、それによって閲覧できる名刺の数、種類も変わるということですね。これだと、セキュリティ的にも安心して使えそうです。

詳しくはこちら

  •  
  • Posted by admin

ずっとベテランの営業マンに頼ってきた中小企業では、そのベテランが退職してしまうことで、今後の自社の営業に不安を持ってしまいますよね。あとに続く営業マンもそのベテランに頼っていたことで成長ができていない。今から教育して間に合うのか。。

しかし、ベテラン営業マンのように経験や勘に頼った営業を今の営業マンが出来るようになるのかも疑問ですよね。それだったらいっそのこと、CRMを導入してみてはどうでしょうか。

CRMは、既存顧客とのパイプをより強固にし、良い関係を継続させることができるツールです。アナログな営業から一気にデジタルへと変えてみるのです。

若い営業マンであれば、CRMを使いこなすこともそれほど苦にはならないと言います。スマホやタブレットで利用できるものばかりなので、いつでも自分が好きな時に活用ができます。最初の入力作業に手間取るものの、すべて情報を入力してしまえば、ベテラン営業マンがやっていたことをCRMからデータとして取り出すことができるんですね。おすすめですよ^^

https://knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

  •  
  • Posted by admin

意外と役員さん同士でも名刺の相互利用ってしにくいようですよね。それぞれに秘書の方が付いていると思われますが、名刺の情報を取り寄せたくても、名刺の管理がしっかりと行われていないことで、名刺情報をすぐに検索できないということがよくあるそう。

そこで、今役員それぞれのところで留まっている名刺を一括でデータ化し共有化する。これだけで、他の役員が持っていた情報も効率的に利用することができるようになります。

また、名刺の管理サービスを提供している会社では、人脈が可視化できたり、人事異動、退職などで名刺情報がガラリと変わるっても、それらをすべて自動で更新できるんだそうです。自社だけでは入手できないような情報も、名刺の管理ツールを使えば知り得るなんて、本当に便利なツールですよね。

スケジュール管理方法

  •  
  • 22 3月 2018
  • Posted by admin

Sansanから提供されている名刺アプリEight。このEightには企業向けの有料プランもあるんですね。管理者のみ契約が可能で、企業向けプレミアムと言うそうですが、このサービスにおいて「社内ユーザー間で共有された名刺データを検索できる新機能を追加した。」と、先月発表されていたようです。

個人向けツールだからでしょうか、それぞれの従業員が持っている名刺情報は共有化されるものの、パソコンでCSVでダウンロードしないとその情報は確認できなかったそうですが、先月発表された機能を使うことで、検索をするだけで名刺情報を得ることができるようになったそうです。

EightとSansanとの違いがよくわからなくなったので調べてみると、Sansanは規模の大きな企業、Eightは中小企業でコストを抑えたい企業向け・・ということでした。

営業支援ツール紹介|Knowledgesuite

  •  
  • Posted by admin

あと5年も経てば、名刺は紙で持ち歩くことも無くなっているかもしれません^^というのも、名刺の管理ツールを提供している会社では、最近名刺交換自体もデジタルで、というところが出てきているんです。

ある意味、とても便利ですよね。名刺入れを持ち歩く必要が無くなりますし、名刺が無くなっても補充しなくて済む。名刺作成のコストも無くなり、「あ!今日は持ち合わせがありません。。」ということも無くなります。

スマホさえ持っていれば、ピッとまるでLINEで友達追加するように、名刺交換もできちゃうわけです。

ただこんな声も聞こえてきそうですよね。「名刺交換という儀式があるからこそビジネスマンの挨拶が成立するし、そのあとの会話のきっかけにもなるので、名刺は必要!」と^^確かにそれもそうですね。

knowledgesuite.jp

  •  
  • Posted by admin

NECネッツエスアイが今月8日に発表した新しいサービス、インテリジェンスコネクト。「必要な情報やスキルを持っている社員に対して、最適な手段でコンタクトできる統合サービス」とのこと。

このサービスには3つのブロックがあり、その1つであるナビゲーションシステムには名刺の管理も含まれているそうです。社員が持っている情報をすべて一元管理するだけでなく、これまでに培った知見や技術なども集約されると。SFAやCRMといった営業支援ツールのようですが、営業に特化していないということでしょうか。

名刺情報にしても、名刺を社内で一括管理できれば自分が持っていない名刺情報も自由に活用できるため、活動の幅が広くなりますよね。

https://knowledgesuite.jp/service/crm.html

  •  
  • Posted by admin

知り合いの営業マンの話なのですが、その会社は子供連れの家族もよく行くところ。私の別の知り合いもよく行っていて、その人の子供がトイレを使った時に、小さな男の子としてはとても使いにくかったんだそうです。大人用のトイレなので、背の高さが合わず。。それを営業マンにボヤいたそうです^^すると、数ヶ月後にトイレが子供でも使いやすいものに変わっていたと。

営業マンが言うには、会社で定期的に取っているアンケートにこのことを記入したら、他の系列会社でも同じようなことが起きていて、一括でトイレを変えたということでした。会社としても、今後子供連れの客にもたくさん来てもらい、居心地の良い店内にしていこうとしている最中だったそう。なので、こういった子供の声というのも実はとても良いアドバイスになったとのことでした。

CRMにはカスタマーセンターやコールセンターといった顧客の生の声を聞く部署がありますよね。直接顧客からクレームや怒りの声も届く場合もあるかもしれませんが、会社の未来につながる重要な部署なのかも・・と感じましたね。

詳しくはこちら

  •  
次ページへ »