• Posted by admin

iPhoneやAndroid搭載スマートフォンといったモバイルデバイスを業務に使用している方は多くいらっしゃると思います。しかし一つ間違えれば、そういったデバイスに入っているデータを悪用される可能性があるのです。例えばパスコードを設定していないデバイスの紛失・盗難や、従業員のスマートフォンに入り込んだ不正マルウェアから企業のネットワークに侵入されて、情報を抜き取られたりといった具合に。企業のIT部門は、必然的に各デバイスのセキュリティを確保しなければならなくなりました。モバイルデバイスのセキュリティを強化するには、「デバイス内のあらゆるデータを暗号化するハードウェア暗号化」や「デバイスのメールクライアントやWebブラウザなどハードウェア暗号化より細かく制御できるソフトウェア暗号化」、「公式アプリストアを介さずアプリを直接デバイスへインストールするAndroidデバイスのマルウェア対策」などが有効でしょう。またIT部門だけでなく、モバイルセキュリティに関する知識を従業員に周知・指導することも重要です。例えば、信頼できないメールを開封しないことや信頼できないアプリの見分け方、複数のパスワードを使うよう指導することなど。上手くモバイルと付き合っていくためには、そういった一手間一手間が肝心だということですね。

  •  

Leave a Reply