• Posted by admin

米Aruba, a Hewlett Packard Enterprise Companyが、Economist Intelligent Unitと共同で行った企業のモバイル活用に関するグローバル調査『Mobility,Performance and Engagement』の結果を発表しました。この調査の目的は、企業におけるモバイル活用と生産性、従業員満足度などとの関連性を検証するために行なわれたもので、調査対象は世界9ヶ国の企業の従業員1865人。これによると、60パーセントもの従業員が「モバイルテクノロジーによって生産性が向上した」と回答。生産性が向上する最も大きな要因になるのは「時間と場所を選ばずに業務ができること」(49パーセント)だと回答しています。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを活用して場所に縛られずに働ける環境づくりを推進している企業ほど生産性を上げており、尚且つ従業員達からも評価されていることが分かったという。また「モバイル活用が生産性向上に寄与した」と回答したのは、若い層だけでなく全ての年代層においてだったそうです。これは企業が新しいITを活用しようとする際、若年層だけにフォーカスするべきじゃないということの表れなのでしょうね。crm システム

  •  

Leave a Reply