• Posted by admin

アンバサダーという言葉をご存知でしょうか?最近よく聞くけど、よく分からないという方も少なくないでしょう。一般的な意味としては、「大使」と翻訳されていますが、つまりは「熱烈なファン」ということ。日本では芸能人などがブランド大使として任命される時に用いられることが多いようですね。 企業にとってのアンバサダーは、純粋に企業ブランドや商品を応援する顧客のことを指します。そこで最近では「アンバサダー・マーケティング」を実施する企業が増えているそう。アンバサダー・マーケティングを実施するには、企業が売り出したい特定の商品やブランドについて強い愛情を持って自発的に口コミを発信してくれる顧客を探しださなくてはいけません。テクノロジーの発達でSFAやCRMといったマーケティングオートメーション技術が進歩し、効率的かつ最適な運用が可能になった今日、なぜ敢えて手間も時間もかかりるアンバサダー・マーケティングを実施するのか?それはつまり、それだけの効果が期待できるということに尽きるでしょう。全ては「差別化」と「競争優位性」のためということです。「競合のものではなく、自分たちの企業に好意を感じ、選んでもらいたい」これがアンバサダー・マーケティングの本質といえると思います。SFA(営業支援システム)比較

  •  

Leave a Reply