• Posted by admin

モバイルデバイスを業務利用している企業は、エンタープライズ・モビリティ・マネージメント(EMM)ツールを導入しているケースが多いようです。従来のモバイルの管理といえば、モバイルデバイスマネジメント(MDM)ツールが中心でした。これは万が一何かあった場合、デバイスのロックや初期化ができるというもの。しかしながらデバイス保護も大切ですが、情報を扱うアプリケーションや情報コンテンツの保護も重要ですよね。だからこれらを保護できるEMMの重要性が注目されているというわけです。また近年ではiPhone以外にもAndroid端末を業務利用するケースも出てきており、モバイル対応に力を入れているWindowsスマートフォンにも注目が集まっていますよね。この事実からデバイス中心のセキュリティ対策が取れるMDMではなく、業務全体をカバーできるEMMへとセキュリティ対策を向上させる必要があるのです。今後ますますEMMは、企業から導入されていくと思います。

  •  
  • Posted by admin

ナレッジスイートのSFAを導入した事例があるサイトで紹介されていました。この会社とはMSPサービスやホスティングサービス、ハウジングサービスなどを行っている会社で、「営業情報の社内共有が大きな問題」となっていて、SFAの導入を考えていたそうです。

そこで、「直観的に操作可能なデザイン性とグループウェアとSFAの一体化」が可能なナレッジスイートのSFAを導入することになったそうです。毎日の日報や案件の情報には営業担当者だけでなく技術者やほかの社員でも知っておくと便利な情報がたくさん詰まっていたことから、この情報を社内で共有したかったと。ナレッジスイートのSFAだとそれが実現できたそうなんです。

導入後は情報共有にかかっていた時間が大幅に削減されたこと、過去の情報がすぐに取り出せること、日報の入力によってそれぞれの部署にいる担当者が何をしていて何を考え仕事をしていたのか、これらも情報共有できることができ、良かったそうです。

  •  
  • Posted by admin

SFAを社内に取り入れようと思っても、今まで営業に関する情報はすべてエクセルに入力していて、営業支援ツールなど先端なものはちょっと・・という営業マンも多いようです。それに、SFAは営業案件などをしっかりと管理できるものの、入力することが大変とも言われていますよね。これを聞いてしまうと、余計にSFAを取り入れるのを拒んでしまうかもしれません。

そんなエクセルしか使ったことがない営業マンでも、最近は利用しやすいSFAがたくさん出てきているんです。

パソコンを自由に操れない営業マンでも、操作画面がシンプルで使いやすいもの、営業日報を入力するときには項目がチェック形式になっているもの、あるいはエクセルに近い画面で作られているものなど。

営業マンによっても、これなら使いやすい、これはちょっと・・と、SFAをサービスする会社ごとに使いやすいのかそうでないかも分かれるかもしれません。そのような場合には、試用期間がある会社があるのでまずはそこから利用してみると良いと思いますよ。

sfa 料金

  •