• Posted by admin

freeeという会社が提供しているクラウド会計ソフトのfreeeにおいて、セールスフォースのクラウドとのAPI連携をし、freee for SFAという名称でアプリの提供をスタートさせたそうです。

具体的にどういったことができるのかと言うと、「Sales Cloud上で請求書を即座に発行、発行済み請求書の入金状態をSales Cloudで確認できる」とのことです。

経理のスタッフがいちいち請求と入金について誰かに確認を取ったりする必要が無くなり、また手入力をしなくて良いので入力ミスというのも無くなります。経理部署では待ちに待ったようなSFAですよね。

さらには、どこが未入金になっているのかもすぐに確認できますし、督促、回収もスピーディーになりますよね。これは経理だけではなくて会社全体の効率化と売り上げアップにもつながるはずです。

freeeとしては、大型のSFAなどのシステムをすることはできないけど業務の効率化を図りたいと思っている中小企業にも貢献できる、と考えているようです。

詳しくはこちら

  •  
  • Posted by admin

名刺管理サービス大手のSansan。先日、新しいコマーシャルを見て最後、気が付いたんです。Sansanのロゴがsansanになってるって。気付いた方います?^^

文字の前に四角い箱のようなデザインは無くなり、ブルーの文字でsansan。その下に赤のラインが入っています。

Sansanのサイトを見ると、「プレスリリースでは、ロゴ刷新に合わせた社名変更を予定していましたが、社名は従来通り」とのことで、ロゴデザインだけが変わったようです。そんな話、どうでも良いよ~~と言われそうですが^^こんな細かいことほど人より先に気付くと嬉しくないですか?^^

サイト自体も少し前にぐっとおしゃれに変わっていますよね。今後も伸びていきそうな会社ですね。

スケジュール管理

  •  
  • 05 11月 2017
  • Posted by admin

SFAを活用すれば、いつ、どこの企業に訪問に行ったら良いのか、あるいは行くべきなのかが一目瞭然でわかるようになります!と紹介されていますよね。まるで秘書のように教えてくれます!と。すごいね~、最近のシステムって^^と思っていたのですが、そのカラクリがわかりました!^^

それは、自分で設定するんですね^^例えば顧客の管理。顧客にランク付けをします。A、B、C、DそれぞれにAは現在進行中の案件、Bは定期的な訪問が必要な会社とか。自分なりに顧客をランク付けをしておけば、それを一覧でパッと確認もできるようになります。

そしてこの次の作業です。アプローチの間隔を設定するわけですね。Aは2週間。Bは1ヵ月という風に自分で丁度良い訪問間隔を設定しておくんです。こうすることで、ランク付けされた会社は設定されたアプローチすべき日程に近くなれば、初期画面やポップアップなどで教えてくれるように、これも設定しておけば可能なわけですね~^^

詳しくはこちら

  •