• Posted by admin

意外と役員さん同士でも名刺の相互利用ってしにくいようですよね。それぞれに秘書の方が付いていると思われますが、名刺の情報を取り寄せたくても、名刺の管理がしっかりと行われていないことで、名刺情報をすぐに検索できないということがよくあるそう。

そこで、今役員それぞれのところで留まっている名刺を一括でデータ化し共有化する。これだけで、他の役員が持っていた情報も効率的に利用することができるようになります。

また、名刺の管理サービスを提供している会社では、人脈が可視化できたり、人事異動、退職などで名刺情報がガラリと変わるっても、それらをすべて自動で更新できるんだそうです。自社だけでは入手できないような情報も、名刺の管理ツールを使えば知り得るなんて、本当に便利なツールですよね。

スケジュール管理方法

  •  

Leave a Reply