• Posted by admin

これらのタイトルを目にすると、企業の幹部の方たちはあまり気分は良くないかもしれませんね^^すべてが売り上げの減少につながるものばかりですから。

でも、この人口減少、新興国の台頭、そして消費者のニーズの多様化というものが実際に起きています。ということは、モノを作っても簡単には売れないということなんですね。簡単に売れなければ工夫をするしかない。しかし日本では今働き方改革と言って残業時間を減らせ、もっと余裕のある仕事の現場づくりが求められています。まるっきり正反対のことをやらなければいけない幹部の方たちは、本当に苦労されていることでしょう。

そこで、CRMという営業を支援してくれるツールなどを導入し、社員が業務を効率化し、働く時間を減らそうとしているんですね。CRMの導入にはコストもかかり、社員が使い慣れるまでに多くの時間も必要とします。ただ、しっかりと運用することで、顧客のニーズにマッチしたモノをタイミング良く提供でき、売り上げのアップ、顧客満足度の向上にも役立つため、導入する企業は増加中なんです。

  •  

Leave a Reply