• Posted by admin

SFAは、これまで営業管理を行う上で、散財していた点の情報を結んで線にするという大きなメリットがあります。

顧客の属性情報だけ、アプローチした際の反応だけ、商談に至ったかダメだったかだけ、という結論のようなものしかこれまでは営業情報として残っていなかったんですね。それがSFAを使うことで営業マンはなぜこの企業にアプローチしようと思ったのかどのような属性情報、外部の情報があったのか、そしてアプローチ中の相手の反応や様子、商談化する前、最中、商談成功、あるいは失敗に至るまで、一連の流れを営業に行くごとにSFAに営業マンがアップすることになるんです。

これによって何が良いのかというと、顧客と自社のかかわりあいがいつ生じたのかがわかるようになり、アプローチがしやすくなる。商談中の反応がわかるので、次の営業でどういったことをしたら良いのか、管理者が先手を打つことができる。失敗してもそれを振り返って反省ができる、などなど。数多くのメリットがSFAによってもたらされるんです。

  •  

Leave a Reply