• Posted by admin

SFAを活用することで、滞っている案件を有効活用することができると言われています。

滞っているとは、途中で営業マンが放り出した案件^^や相手がもうちょっと待って欲しいとストップさせている案件など。これらは、営業マンの担当地域が変わったり、止めてしまうと自然に溜まってしまうものです。とくに最近は営業マンの入れ替わりが激しい手ため、滞っている案件はかなり存在していると言われているんです。

新規で顧客を探すのが難しい今、少しでも繋がりがある企業を対象に営業をかけた方が効率的である、という考え方があります。営業マンも、最初のアプローチの時とは違っているため、営業マンも相手企業も新鮮な気持ちで案件に入ることができるというメリットもあるんです。

ただ、滞った案件を探し出し、アプローチするだけではもちろんその案件が進むとは限りません。なぜ滞っているのか問題を把握、対処、改善して臨まなければ、案件の獲得にはならないと言えますね。

  •