• Posted by admin

SFAの営業日報機能を活用できれば、これまでに新規顧客として迎え入れられなかった人や企業も、顧客にすることが可能となります。

会社も、それなりのコストをかけてSFAを導入するわけですから、営業マンのみなさんには しっかりとSFAを使いこなして欲しいと思っていることでしょう。

最も使いやすくその効果え実感できると言われているのが営業日報です。営業した内容を日報に入力しておくことで、あとで非常に簡単に振り返ることができます。今回は商談の入り口までしかはなせなかったのけど、次はもっと突っ込んだ話をしよ!と言うように、自分の最高のペースに乗せて営業をすることが可能となるんですね。

日報の入力は会社以外の場所、どこからでもネットがつながっていれば大丈夫ですから、これからSFAを望む会社の方は、試用期間を利用してみるのもおすすめですよ。時間、手間の効率化、他者の動向などもつぶさに観察できますしね!

営業支援システム情報

  •  

Leave a Reply