• Posted by admin

ビジネスマンの全てが記憶力に長けているわけではありません。前に一度名刺を交換している相手でも、「初めまして」と言ってしまい恥をかいた、という人も多いでしょう。

名刺の管理ツールを利用することで、こういった恥をかかず、また先方にもぶしつけな振る舞いをせずに済む可能性が高くなります。

そのためには、営業のあとすぐに名刺に交換した場所、日付、そして相手の特徴を必ずメモし、それを名刺の管理ツールにも情報として残しておくことです。そうすることで、再度その会社を訪問する際に名刺情報を再読し、また残しておいた情報に目を通しておけば、二度目に会った時に前回の話題から入ることができるわけです。「初めまして」と言ってしまうか、それとも以前会った時の印象や相手の趣味に触れて会話を始めることができるか。もう、これで営業の終わりが視えてきますよね^^

  •  

Leave a Reply