• Posted by admin

SFAを活用すると、自分だけの営業報告のほかに、別の営業マンの案件情報も簡単に見ることができます。また、日報や週報の集計などもSFAに任せれば、一体どれだけの効率化が図れるのか・・。

そのため、最近SFAを導入し始める企業が増えているんですね。ただ、SFAやCRMなどの営業支援ツールは大変難しく作られていると言われています。一筋縄で簡単に利用することはできないとも聞きます。企業によっては、SFAを扱う専門の社員を設置したり、他の会社から引き抜いたり、導入前からスキルを身に着けさせるところもあるとか。そこまでやる価値が、SFAにはあるんですね。

SFAをサクサク取り扱えるようになれば、自分の営業成績や見込み案件などをグラフにし、上司や同僚にも視覚的に容易に見てもらうことが可能となります。数字だけを羅列するよりも、一つポン!とグラフを載せれば、それだけで伝わる報告書が出来上がるんです。

テスト期間を設けたSFAも多く出ていますから、お試しで使ってみるのも良いみたいです。

  •  
  • Posted by admin

SFAの機能について調べていたんですが、本当にSFAって貴重な情報を教えてくれるものなんですね。驚きです。

何に私が驚いたかというと、見込み顧客が自社ではなくてつなげっている会社やショップで商品を購入すると、その情報が自社にも送られてきます。送られた情報には、どういったものをどれくらい購入したかがわかり、その商品に関連した自社製品をSFAから教えてくれるわけです。ね?すごいでしょ。デキる営業秘書がいる、という感じ。

誰でも、自分の業務をより円滑に、そして無駄なく売り上げにつながるような情報をくれる秘書が居たら・・と思うことってありますよね。それをSFAがやってくれるわけです。こうなると、自分は営業のみに徹して仕事ができますから、営業の方もさらに多く訪問でき、発注も多くなっていくはずです。

蓄積された情報により、自社の特徴もAIによって学習していき、成功率の高い営業案件を提示してくれますしね!本当にSFAには便利ですごい機能があるんです。

  •