• Posted by admin

よく、CRMがスモールスタートで、あるいはアプリでまず使ってみてから、と言われます。それに加え、無料のトライアルを行っているところを探すのも一つの手と言えるでしょう。

完全にCRMといったツールを使うのが初めての場合、社員は大きな負担を感じる場合があります。IT企業や最近起業したまだ若い会社であれば抵抗は無いでしょうが、設立50年などといった会社にはパソコン操作もしどろもどろ、といった人だっているはずです。そんな人たちにいきなりのCRMは酷ですからね。

最初は一つの機能だけで実際に使ってみる。トライアルはだいたい1ヵ月近くその期間を設けていますから、その間に使えなくてもCRMに慣れる。そして機能を知り、自社でCRMを活用してどういったことを行っていきたいのか、目標を共有できれば、本格導入してもスムーズに利用されるかもしれません。

いきなりのスタート、高機能高性能のCRMを社内導入!と言えば聞こえは良いものですが、それで使われなかったら元も子もありませんからね。


  •  

Leave a Reply