• Posted by admin

ある会社には、デスクワークだけをしている従業員と外回りだけをしている従業員がいるそうです。それぞれ数人ずつ。ただここで社長さんが問題視していることがあると。外回りの従業員の行動が今一つつかめないこと。そして営業情報がデスクワークの従業員にしっかりと伝わっていないこと。

顧客から電話がかかってきて、担当の従業員が休みの場合、顧客には対応できず、結果的に顧客が離れてしまったということもあったそうです。誰が電話を受けてもきちんと応えられる体制を作る、そのためにSFAの活用が始まったそうです。

最初は外回りの従業員からの反発は強かったとのこと。いちいち自分の行動を入力しないといけないし、営業成果が上がらなくても全てを記録することに抵抗があったようです。また、自分だけが持つノウハウや顧客との関係がSFAによって知られてしまうことも嫌だったそうです。しかし、業務の効率化、情報の一元管理によって、想像以上のメリットもあったそうで、着実にSFAはその会社に根付いているということでした。


  •  

Leave a Reply