• Posted by admin

大企業ともなるとシステムの数も半端ではないと聞きます。種類も数も多ければ、それらを専門に扱える人材の確保、育成も大変そうですね。

そのため、SFAなどの難しいと言われるシステムを十分に活かしていると言える企業はほんの一握りしかないとのこと。システムのあらかたの使い方は分かり、運用までできていたとしても、そこから導き出すデータをどのように活かしたらよいのか、もっとも大事な部分の知識や経験が無いために、活かすことができないんだそうです。

もちろん、導入前にはプロジェクトチームを作って充分に活用法を覚え広めたり、マニュアルを作ったりと、事前に多くの作業を行って、またそのシステムを実際に使う従業員たちへの教育もしているんだそうです。それでも、全員が思い通りの活用をしてくれるとは限りません。きちんと説明し、目的を伝えているとしても、全員が共通理解するということは不可能なんですよね。さらには、トラブルさえ起こしてしまう、といった事例も出てきますから、新システム導入には多くの危険もあると思っていた方が良いようです。


  •  

Leave a Reply