• Posted by admin

管理者としては、全国に数か所ある別の支社の動向というものも気になりますよね。自分たちよりも業績が上なのか下なのか。また、転勤が少ないところであれば、自分がずっと在籍している支社とそれ以外の営業手法の違いなども気になるところではないでしょうか。とくに、他が成績が良ければなおのこと気になるかもしれません。

そんなところにSFAが導入されればしめたものです。SFAは、全社を上げて情報が一元されることになります。また、日報機能を使えばリアルタイムで営業情報が更新されていき、プロセスを文章化しているところであれば、それらをつぶさにチェックしていけるんです。

お互いがお互いの営業プロセスを確認していくことで、自分たちが行っていたことが他の支社で役立ったり、反対に自分たちに足りなかったことを教えてもらえたり。そうすることで、結果的にはそれぞれの支社で業績が上がり、会社全体に利益をもたらすことができるというわけですから、初期投資に多少コストがかかっても、会社幹部はSFAを導入したがるということになります。


  •  

Leave a Reply