• Posted by admin

多くの案件をかかえながらも新規顧客を探していると、次にどんなアクションをすべきなのか、混乱してしまう場合があります。大事なタイミングを逃してしまう可能性がありますし、実際に納品の日や時間を間違ってしまうこともあるようです。これでは、取引先の信頼も下がってしまいますよね。

SFAを活用していると、こういった次のアクションをわかりやすく整理し、確認することができます。パソコンを開くとポップアップで今日のやるべきことが出てくるものもあるようです。また、一度行ったことがある企業は、その際の記録がSFAに残っていますから、それをチェックし、次にいつ頃アプローチすべきかもSFAから知ることができるんですね。

自分が行っていなくても、他のメンバーがアプローチし成功したのか失敗したのかをチェックもできます。内容をしっかりと把握することで、それぞれの取引先に対してのタブーが分かったり、成功しやすいパターンも見えてくるので、SFAを使いこなすことがこれからの営業マンには必要なのかもしれません。


  •  

Leave a Reply