• Posted by admin

名刺の管理ツールに使い慣れると、その便利さにみなさん驚かれるようですね。また、自分が手に入れられなかった名刺の情報も閲覧が可能になったり、名刺情報がベンダーによって更新されていくため、面談した時にも相手の担当者に嫌な思いをさせることも無くなります。これだけ名刺が便利なツールになる、なんて誰が思ったでしょうね^^

ただ、名刺っていわゆる会社情報、個人情報が詰まったアイテムとも言えます。手に入れていない人もいつでも確認できる、といのってちょっと怖いですよね。

ある名刺の管理ツールをサービスしている会社では、閲覧に制限を掛けることができるそうです。役職などによって権限が与えられ、それによって閲覧できる名刺の数、種類も変わるということですね。これだと、セキュリティ的にも安心して使えそうです。

詳しくはこちら

  •  
  • Posted by admin

ずっとベテランの営業マンに頼ってきた中小企業では、そのベテランが退職してしまうことで、今後の自社の営業に不安を持ってしまいますよね。あとに続く営業マンもそのベテランに頼っていたことで成長ができていない。今から教育して間に合うのか。。

しかし、ベテラン営業マンのように経験や勘に頼った営業を今の営業マンが出来るようになるのかも疑問ですよね。それだったらいっそのこと、CRMを導入してみてはどうでしょうか。

CRMは、既存顧客とのパイプをより強固にし、良い関係を継続させることができるツールです。アナログな営業から一気にデジタルへと変えてみるのです。

若い営業マンであれば、CRMを使いこなすこともそれほど苦にはならないと言います。スマホやタブレットで利用できるものばかりなので、いつでも自分が好きな時に活用ができます。最初の入力作業に手間取るものの、すべて情報を入力してしまえば、ベテラン営業マンがやっていたことをCRMからデータとして取り出すことができるんですね。おすすめですよ^^

https://knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

  •  
  • Posted by admin

意外と役員さん同士でも名刺の相互利用ってしにくいようですよね。それぞれに秘書の方が付いていると思われますが、名刺の情報を取り寄せたくても、名刺の管理がしっかりと行われていないことで、名刺情報をすぐに検索できないということがよくあるそう。

そこで、今役員それぞれのところで留まっている名刺を一括でデータ化し共有化する。これだけで、他の役員が持っていた情報も効率的に利用することができるようになります。

また、名刺の管理サービスを提供している会社では、人脈が可視化できたり、人事異動、退職などで名刺情報がガラリと変わるっても、それらをすべて自動で更新できるんだそうです。自社だけでは入手できないような情報も、名刺の管理ツールを使えば知り得るなんて、本当に便利なツールですよね。

スケジュール管理方法

  •  
  • 22 3月 2018
  • Posted by admin

Sansanから提供されている名刺アプリEight。このEightには企業向けの有料プランもあるんですね。管理者のみ契約が可能で、企業向けプレミアムと言うそうですが、このサービスにおいて「社内ユーザー間で共有された名刺データを検索できる新機能を追加した。」と、先月発表されていたようです。

個人向けツールだからでしょうか、それぞれの従業員が持っている名刺情報は共有化されるものの、パソコンでCSVでダウンロードしないとその情報は確認できなかったそうですが、先月発表された機能を使うことで、検索をするだけで名刺情報を得ることができるようになったそうです。

EightとSansanとの違いがよくわからなくなったので調べてみると、Sansanは規模の大きな企業、Eightは中小企業でコストを抑えたい企業向け・・ということでした。

営業支援ツール紹介|Knowledgesuite

  •  
  • Posted by admin

あと5年も経てば、名刺は紙で持ち歩くことも無くなっているかもしれません^^というのも、名刺の管理ツールを提供している会社では、最近名刺交換自体もデジタルで、というところが出てきているんです。

ある意味、とても便利ですよね。名刺入れを持ち歩く必要が無くなりますし、名刺が無くなっても補充しなくて済む。名刺作成のコストも無くなり、「あ!今日は持ち合わせがありません。。」ということも無くなります。

スマホさえ持っていれば、ピッとまるでLINEで友達追加するように、名刺交換もできちゃうわけです。

ただこんな声も聞こえてきそうですよね。「名刺交換という儀式があるからこそビジネスマンの挨拶が成立するし、そのあとの会話のきっかけにもなるので、名刺は必要!」と^^確かにそれもそうですね。

knowledgesuite.jp

  •  
  • Posted by admin

NECネッツエスアイが今月8日に発表した新しいサービス、インテリジェンスコネクト。「必要な情報やスキルを持っている社員に対して、最適な手段でコンタクトできる統合サービス」とのこと。

このサービスには3つのブロックがあり、その1つであるナビゲーションシステムには名刺の管理も含まれているそうです。社員が持っている情報をすべて一元管理するだけでなく、これまでに培った知見や技術なども集約されると。SFAやCRMといった営業支援ツールのようですが、営業に特化していないということでしょうか。

名刺情報にしても、名刺を社内で一括管理できれば自分が持っていない名刺情報も自由に活用できるため、活動の幅が広くなりますよね。

https://knowledgesuite.jp/service/crm.html

  •  
  • Posted by admin

知り合いの営業マンの話なのですが、その会社は子供連れの家族もよく行くところ。私の別の知り合いもよく行っていて、その人の子供がトイレを使った時に、小さな男の子としてはとても使いにくかったんだそうです。大人用のトイレなので、背の高さが合わず。。それを営業マンにボヤいたそうです^^すると、数ヶ月後にトイレが子供でも使いやすいものに変わっていたと。

営業マンが言うには、会社で定期的に取っているアンケートにこのことを記入したら、他の系列会社でも同じようなことが起きていて、一括でトイレを変えたということでした。会社としても、今後子供連れの客にもたくさん来てもらい、居心地の良い店内にしていこうとしている最中だったそう。なので、こういった子供の声というのも実はとても良いアドバイスになったとのことでした。

CRMにはカスタマーセンターやコールセンターといった顧客の生の声を聞く部署がありますよね。直接顧客からクレームや怒りの声も届く場合もあるかもしれませんが、会社の未来につながる重要な部署なのかも・・と感じましたね。

詳しくはこちら

  •  
  • Posted by admin

もうすぐ学生さんは卒業旅行など、学生最後の一大イベントのために頭を悩ませているところではないでしょうか?^^でも社会人になればしばらくはそんな楽しいことはお預け。。

営業職になれば毎日多くの名刺の交換からお付き合いを始めることになります。この名刺ですが、もらったままにしておいては非常にもったいないんです。きっちりと管理し、活用することで今後の人付き合いや人脈作りが明確になり、営業成績にも直結することになるので、名刺の管理の仕方も同時に勉強していくことをおすすめします。

名刺の管理方法としては、紙の名刺のままフォルダやファイルで整理をする。あまりに数が多ければクラウドを活用したデジタルの管理方法を取り入れる。

この2つから、自分や会社に合った方法を見つけ、継続していくと良いでしょう。

名刺CRM紹介 |サービス案内

  •  
  • Posted by admin

営業現場では今、新規の顧客を獲得することよりも、既存顧客を優良顧客に育てずっと顧客で居続けてもらう方に注力しているところがたくさんあります。

それと言うのも、新規顧客獲得には宣伝のためのコストが非常にかかるからなんですね。マーケティングを行い、今どのような商品やサービスが必要とされているのかを分析したり、テレビやネットで宣伝したり、チラシの配布、テレアポなど、思った以上に効果が少ないのですが、それでも新規顧客の獲得にはこういった地道ですがお金のかかる方法しか無いんですね。それと、新規の顧客はその会社のこと、商品、サービスのことをよく知らないので、質問や説明、クレーム対応などにも実は経費がかかっているんです。

そのために、CRMなどの営業支援システムを使い、獲得にはお金のかからない既存顧客でリピート率を上げたり購入価格を上げてもらって、それまで以上の売り上げに貢献してもらう。その方が会社としてはコストをかけずに増収増益を見込めるというわけなんですね。

sfa 導入

  •  
  • Posted by admin

営業の効率化を目指すためにSFAの導入が進んでいます。SFAの数も増え、競争が激化している分、それを導入する会社としてはコスト的にも使いやすさも向上していると見られます。

ただ、そんなSFAを導入してもすぐに業務の効率化が実現するわけではないんですね。もしかしたら導入前よりも残業が増えてしまっている可能性もあるんです。

SFAの導入前から使っていたツールやグループウェアとの連携ができていないこと、そしてSFA導入前にやっておかなければいけなかった役割分担が行われていなかったこと、ここにあるんです。

利用中ツールとの連携ができなければ入力作業は二度手間になってしまいます。またSFAの運用の役割分担をきっちり分けていないと、誰が何をしてどこにそのデータを送り実行、改善していくのか。この流れができないため、運用は停滞し、「何のためにSFAがあるの?」と使うこと自体やめてしまうこともあるんです。

効率化を手に入れるには、それなりの準備が重要なんですね。

顧客管理 ソフト 比較

  •  
« 前ページへ次ページへ »